間違ったわきが対策は臭いをきつくする

ワキガの改善方法は人によって様々です。ネットで調べて知った方法を試している人、
友達から聞いたから、自分でやってみたら解決出来たからといった理由で間違った方法でワキガのお手入れをしていませんか?
これ、一時的にはニオイが軽減されているかも知れませんが、実はワキガがひどくなってしまっている場合があります。ワキガがひどくなってしまってはお手入れしている意味がありませんよね。それはどういった場合なのか見ていきましょう。

 

わきがのにおいは香りではごまかせないの?

香水や強いニオイのスプレーを使ってニオイを誤魔化している人はいませんか?
一見、ワキガのニオイを防げているような気がしてしまいますが、場合によっては逆効果になる場合もあります。
香水のニオイよりワキガのニオイの方が強いので混ざり合うことでひどいニオイになってしまいます。また、汗の吸収が悪い製品の洋服を着ていると脇汗がひどくなってしまいます。
夏場などは通気性の良い吸収性のある素材のものを選びましょう。ニオイのケアをする場合は無香料のものを使用するようにしましょう。

 

洗いすぎは臭いをきつくする?わきががきつくなる理由

自己流でワキガのお手入れをしている人、頻繁に洗うことや処理をしていませんか?
ワキガ対策だと思ってワキを洗えば洗う程、お肌のバリア機能が正常に働かなくなり、肌が乾燥してしまいます。お肌が乾燥することで外的な刺激を受けやすくなり、健康を保つターンオーバーが正常に行われずに刺激を受けやすくなります。刺激を受けるとアポクリン腺が活発に働くのでワキガを悪化させてしまうことがあります。
また強すぎる洗浄力のもので洗うと、肌の常在菌までなくしてしまい肌の状態を悪くしてしまいます。常在菌がない肌はどうなると思いますか?肌にカビが生えたり、雑菌が大量に繁殖してしまうことにつながってしまうんです。
カビや雑菌が繁殖するとワキガが強くなってしまうこともあります。
清潔にしたくて頑張っていても逆効果では意味がありませんよね。

 

わき毛の自己処理はわきがを強くする?

間違ったワキ毛の処理方法として特に注意して欲しいのは毛を抜く行為です。
わき毛を抜くときの刺激が原因となってアポクリン腺の働きを強めてしまうことでワキガのニオイをひどくしてしまう可能性があります。
毛穴が目立ちやすくなるので見た目も気になりますし、ワキの黒ずみの原因となってしまうこともあります。
事前にホットタオルでワキを温めて毛穴が開いているのを確認してから抜くようにしてくさいね。抜いた後にかかわらずワキは乾燥しやすいのでしっかり保湿をするのも忘れずに行いましょう。処理後はバリア機能が低下してしまうので、炎症や色素沈着を起こしやすく、化粧水をコットンに着けてパックするのも効果的です。

 

わきが対策におすすめの方法

ワキガが気になる人は汗をかかないように防ぐのがいいと思いがちです。
毎日お水をしっかり飲んでなるべく汗をかくようにしてみてください。毎日のお風呂も効果的です。老廃物が貯まりやすい体内環境になるとニオイが強くなってしまうこともあるので、気を使うようにしましょう。適度な運動なども積極的に行うと効果的です。
他にも、日常的に使用している調味料でワキガを軽減する方法もあります。
ワキガのニオイ軽減にお酢を使っている人もいます。
ガーゼなどに米酢を含ませて、ワキの下に擦り込むようにしてみましょう。
個人差はあるものの4〜5時間効果が持続します。
米酢には汗腺を引き締める効果がある他、殺菌効果もあるので非常に効果的です。
安価でどこの家庭にもあるので是非一度試してみてくださいね。

 

独自のワキガケアも正しい方法で行っていれば問題ありません。
ワキはとてもデリケートなので適当なケアではなく顔同様にしっかりお手入れをするようにしましょうね。