すそわきがの対策方法は手術だけではありません

誰にも相談できないし聞けない、女性ならではのデリケートゾーンのニオイ気にしていませんか?
ニオイは気になるけどワキガなのか何なのかわからないし、病院に行くのも恥ずかしいしで自己判断していませんか?また、自分では自覚がなく性行為の時にパートナーからのニオイの指摘で気付くこともあります。何となくニオイが気になる人、ワキガの特徴と言われる耳垢が湿っている人、また、親族にワキガがいる人は要注意です。
一度デリケートゾーンのワキガとされる「すそわきが」を疑ってみた方がいいかもしれません。恥ずかしいけどうにかしたいと悩む女性の為に、「すそわきが」の原因や対策や気を付けることなどを紹介致します。

 

すそわきがってわきがとどう違うの?

陰部からワキのような独特なワキガ臭を発生させてしまうことを、「すそワキガ」といいます。
え?ワキガって脇だけで起こるものではないの?と思うかもしれませんが実は違うのです。
ワキガの原因となるアポクリン腺は脇以外や陰部にもあり、ニオイを発してしまうことがあります。すそワキガもワキの部分同様に親から遺伝します。また、性的な興奮によってアポクリン汗腺は刺激される為、すそワキガは性行為後の方がニオイが強くなってしまう傾向にあります。
ワキガのニオイがデリケートソーンのニオイと混ざることや、下着で蒸れてしまいさらに強烈なニオイになってしまうこともあります。
すそワキガはきちんと毎日お風呂に入っていてもニオイを消しづらいとされています。
そもそもすそワキガの原因って何なのでしょうか?

 

すそわきがの原因って

すそワキガの人は悪玉菌が活性化した状態が原因だといいます。
ニオイを軽減するためには悪玉菌を少しずつでも減らして、善玉菌を増やせるようにすることが大切です。
善玉菌は弱酸性の環境を好むのですが、石鹸自体がアルカリ性なので洗浄すると肌をアルカリ性に傾けてしまいます。
お肌と同じ弱酸性の石鹸を使うようにすれば、悪玉菌を減らし善玉菌を増やすことが出来ます。毎日使うものだからこそ、使う石鹸を選んで低刺激のものを使いたいですよね。
何を購入すればいいか迷った時は通販での購入もおすすめです。
通販で売っているものは無添加・無香料なものが多いので、デリケートなお肌にも安心して使うことが出来ます。すそわきがは通常の脇用のものでも十分効果を実感できます。

 

すそわきがは勘違いが多い症状

陰部からのニオイの場合は分泌物が原因となっている場合もあります。
ビデなどで定期的に洗い流してデリケートゾーンを、清潔に保つようにするのもおススメです。ですが、すそワキガはお風呂で洗い過ぎることでニオイを強くしてしまうこともあります。
あまりに力任せにゴシゴシと強く洗い過ぎてしまうことや、気になるからと言って長時間洗い過ぎてしまうのは良くありません。「すそワキガ」専用の石鹸を使ってしっかり泡立ててからデリケートゾーンを優しく洗うようにしましょう。

 

ちょっとまって!すそわきがを疑う前に確認すること

デリケートゾーンは体調や食事によってもニオイは変わることがあります。
体調が悪いと苦いニオイ、刺激物を食べると刺激臭のような強いニオイがしてしまうことがあります。
また、症状によっては婦人科系の病気の場合もあるので自己判断で、すそわきがと決めてしまう前に医療機関を受診するようにしましょう。
清潔に保つことが大切なので下着を定期的に変えるようにするのもおすすめです。

 

「すそワキガ」のケアは自分のデリケートゾーンの状態や正しいお手入れ方法を、知っているか知らないかでワキガのニオイの強さが変わってきます。お手入れに大切なのは自分の状態をしっかり把握することです。さらに把握したうえで正しいケアを行うことが大切です。「すそワキガ」と決めてしまう前に、医療機関を受診して相談してみましょう。