わきがの原因は遺伝?わきがの原因について

ワキガかどうか自分では気づきにくいと言われています。
そもそもワキガになる人とならない人とは何が違うのでしょうか?
ワキガについて調べてみると、ワキガの原因は遺伝によるものが大きいようです。
ではどのぐらいの確率で遺伝するのか気になりますよね。ワキガと遺伝の関係性について調べてみましたので参考にしてみてくださいね。

 

ワキガが発生する原因って?

ワキガは汗をかく管のような役割を担っている、汗腺が関係しているとされています。
汗腺にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2種類あり、アポクリン汗腺から分泌される汗がワキガの原因となります。アポクリン汗腺の数や大きさによってニオイの強弱が決まり、アポクリン汗腺の本数は遺伝が関係しているとされています。この本数が多いほど汗の分泌量が増えニオイに比例します。アポクリン汗腺と遺伝の関係はわかりましたが、ワキガの遺伝にはどのぐらいの可能性があるのでしょうか?

 

わきがが遺伝する確立はどれくらい?

ワキガとは病気などではなく体質だと言われています。
ワキガは優先遺伝に分類されるのですが、両親のどちらかがワキガだと子供は50%の確率でワキガになり、両親どちらもワキガなら80%の確率で遺伝します。
また、両親ともワキガでない人は祖父母がワキガだった可能性があります。
ワキガは隔世遺伝すると言われていますので、両親がワキガでない場合も遺伝しやすくなります。

 

わきがの原因のアポクリン汗腺とは

ワキガはアポクリン汗腺から出る汗に原因があるといいましたが、汗腺のエクリン汗腺とアポクリン汗腺から分泌される汗は、何が違うのでしょうか?
アポクリン汗腺は誰でももっているわけではなく、日本人の割合でいうと10人に1人が持っているものです。たいていは思春期の頃になり、代謝が活性化することでワキガに気付く人も多いようです。
また、もう一つの汗腺であるエクリン汗腺は全身に広く分布していて、運動をした時や病気で体温が上がり汗をかいた時にでるものだとされ、ほとんど水分と少量の塩分で出来ています。このエクリン汗腺から分泌された汗が汗臭いと感じるのは、汗と一緒に流れ出る古い皮脂や角質が出ている為です。
アポクリン汗腺の有る場所は限られていて、脇の下や耳の中陰部などにあります。
ワキガの簡単なセルフチェックとして、ワキガの人は乾燥したパラパラした耳垢ではなくて、湿ったような粘り気のある耳垢になる傾向があります。
アポクリン汗腺には脂質やたんぱく質、鉄分、アンモニア成分を含んでいるのでエクリン汗腺から分泌された汗と比べて、白っぽく粘り気があるのも特徴です。

 

わきがを発生させる皮膚常在菌ってなに?

アポクリン汗腺から分泌された汗を、皮膚にいる常在菌が分解する時に強いニオイを発生させることがあり、これをワキガと呼んでいます。
常在菌はいい常在菌と悪い常在菌の種類があり、ワキガの原因となる常在菌はコネリバクテリウムという細菌だとされています。なんとこの細菌はワキガの人にしか存在しない常在菌なのです。
この細菌はアポクリン汗腺から分泌される、汗の脂質などが栄養となっているので、アポクリン汗腺がない人では成長できず死滅してしまいます。
ワキガの中でも特にニオイが強い人は、コネリバクテリウム属のジフテロイド菌が通常のワキガよりにおいを強くしている可能性があります。
実は、アポクリン汗腺から分泌される汗は元々無臭です。
常在菌を繁殖させないようにするためには殺菌効果のあるデオドラントを利用し、殺菌しながら制汗をすることが大切です。
常在菌は皮膚から洋服に移動して繁殖を行うこともあります。服からわきが独特のニオイがしたり、ワキの部分が黄色くなっていたら常在菌が服についた汗を分解している証拠です。

 

ワキガの原因とされるのは遺伝や常在菌が原因とは驚きですよね。
遺伝だからどうにもならないというわけではなく、ワキガは手術をすることで100%に近いほど完璧に治すことが出来ます。
ワキガは保険が適用しますので悩む前に勇気をもって相談してみるようにしましょうね。