中学生・高校生でもできるわきのにおい対策ってある?

自分がワキガかどうかは思春期辺りからあたりから気付いて悩む人が多いとされています。
自分で気付くのもそうですし、着ていた洋服を洗うときに親が気付くといったこともあります。ワキガは病気ではありません。出来るだけ1人で悩むことがないように改善していけるように家族の協力が大切です。ではワキガを軽減するためにはどのようなことに気を付けたらいいのでしょうか?

 

中学生・高校生になるとわきがが発症するのは何故?

ワキガの原因だと言われているのはアポクリン汗腺から出る汗です。
この汗が皮膚の表面にある雑菌と作用することでワキのニオイの原因となります。
二次成長期である中学生や高校生までの時期にアポクリン腺が増加します。
最近はワキガの若年化が進んでいて小学生で悩む人もいます。
ただでさえこういった思春期の時期は新陳代謝もいいので、汗の量が多くニオイがきつくなってしまう傾向にあります。
ワキガの原因でいじめの対象になってしまうこともあるので何とか家族で対策を練りたいものですよね。では家族で出来るわきが対策とはどのようなものでしょうか?

 

中高生用のお金をかけないわきが対策ってあるの?

対策用品としておすすめなのはミョウバンです。水に反応して酸性となり皮膚の表面も酸性に変えてくれるので、殺菌効果や抗菌作用に適しています。ミョウバンは安く購入することが出来るので、粉末を直接ワキに塗りつけるだけでも汗を防いでニオイを軽減してくれます。
ドラッグストアなどでもミョウバン入りのワキガ商品を数多く取り揃えていますので、ワキガのお手入れに役立ててみてくださいね。
また、ワキガの若年層の小学生だと日中お手入れをするのが難しくなってしまいます。
制汗スプレーを学校で規制されていて持っていけない場合があるためです。
出来ることとすれば、着替えの洋服を1枚持っていく様にすること、通気性のいい服を着るようにしましょう。
ニオイの原因となることがあるので常に清潔を保つようにすることも大切です。
また、ワキガで悩むことや、緊張すると精神的な作用でニオイが強くなってしまうこともあるので悩み過ぎないようにしましょう。

 

簡単な対策では効かないわきがはどうしたらいいの?

ワキガには段階があるのであまりにひどい場合は手術を検討した方がいいかもしれません。
手術をすればニオイを軽減することは出来ますが手術をする時期が大切です。
二次成長期を過ぎていないと、せっかく手術をしてもアポクリン腺が増加してしまうことがあります。二次成長期が終わってから手術を検討してみてもいいかもしれません。

 

中高生の多感な時期にワキガで悩みたくないですし、友達と自信を持って話せなくなってしまうのも辛いですよね。生活習慣を改善し清潔に保つこと、ワキガの症状に合わせていろいろ試しながら検討してみてもいいかもしれません。学園生活は思いのほか短く、学べることがたくさんあるので学生生活を楽しみましょう。

 

自分の子供がワキガだと気付いたら

子供がワキガの場合に気になるのは子供の精神的なケアですよね。
ワキガや原因となるアポクリン腺の数は遺伝によって生まれつき決まってきてしまいます。動物性のたんぱく質や乳製品を中心の脂質の多い食事をしていることで、アポクリン腺の活動が活発になってしまいニオイを強くしてしまうことがあります。ファーストフードなどもニオイの原因となってしまうので控えるようにしましょう。
ワキガのニオイの元を防ぐことが出来るのは、緑黄色野菜などに多く含まれるビタミンがいいとされています。他にはゴマ、梅干しなどもおすすめなのでビタミンAやビタミンEが効果的です。なるべく和食中心の生活を心掛けるようにしましょう。