脇汗と臭いを止めるなら脇汗クリームがおすすめ!

一般的に知られているワキのお手入れだと市販でも簡単に購入することが出来るスプレータイプのものや、塗るタイプのロールオン、シートタイプなどと種類もさまざまです。気になるワキのニオイのお手入れで一番大切なのはニオイの消臭効果の持続力です。
1日のうち出かけ先などで何度もぬり直すのも大変ですし、出来ることならワキのニオイ対策用品を持ち歩きたくありませんよね。人に見つかるのも恥ずかしいですし手間がかかってしまうので、1日1回の朝の使用でワキのニオイを防げると嬉しいですよね。
では一般的に市販されている制汗スプレーとクリームタイプのものはどちらの方が効果的なのか比較してみましょう。

 

わき汗クリームは長時間汗臭さを抑えれるの?

まずは効果が高いとして人気のあるわきがクリームやわき汗クリームなどを詳しくみていきましょう。この2つはわきが用のデオドラントとされていて、特徴としてはニオイの原因となりやすいワキに効果的です。ワキにしっかりと隙間なく有効成分を塗り込み、肌に密着させることが出来るので効果が高いのが特徴です。クリームがエクリン汗を抑えながらワキガのニオイの原因となる細菌の繁殖を防いでくれます。クリームタイプになると市販のものでも制汗剤スプレーよりは少しお値段が高めです。市販でも購入することも出来ますが通販などで購入するのがおすすめです。クリームの殺菌効果や抗菌効果に違いがある場合がありますので、成分や効能をしっかり判断してから購入するようにしましょう。持続力はもちろん、制汗作用や乾燥しがちなワキの保湿などにも効果的があります。

 

制汗スプレーの制汗・抑臭持続時間が短いのは何故?

一般的に使われているワキのお手入れといえば制汗剤です。
値段が安くお手軽であることが人気の秘密なのですが、制汗剤だとうまく脇に当たってない場合があり効果を得られないとされています。制汗剤の中でも代表的な制汗スプレーに入っている、クロルヒドキシアルミニウムや塩化ベンザルコニウムなどが汗腺を引き締めます。これでは汗の発生する量を一時的に減らしているだけで、量を減らしたところで殺菌の効果はほとんどないのでワキのニオイを抑えることは出来ません。軽度なワキガなら何とか防げるのかもしれませんが中度〜重度なワキガの場合はスプレーではニオイを抑えることは無理でしょう。また、スプレーの成分がワキの毛穴に入ってしまい肌トラブルの原因となってしまうこともあります。数時間おきに制汗剤をしなおさないといけないことや対応できないときは脇パッドなどと併用するのがおすすめです。特に中学生や高校生など制汗スプレーが当たり前になっているので出来るだけ回数を減らしていけるようにしましょう。

 

ニオイ付きの制汗剤がワキのニオイを更に強くしてしまうことがあるの?

ワキのニオイが気になる人はニオイ付きの制汗剤はおすすめしません。一時的に香りでニオイをごまかしているだけなので、ワキガのニオイと合わさることでひどい悪臭を出してしまうことがあります。せっかく予防していていてもこれでは意味がありませんよね。
また、制汗剤を頻繁につけすぎてしまうと汗腺を刺激し乾燥させてしまい、汗を多く出す原因となってしまうことがあるので注意してくださいね。

 

ワキのニオイ対策用の商品はたくさんでています。
その中でも自分にあったものを探すのはなかなか大変かもしれません。
クリームタイプのデオドラントなら制汗剤と比べても持続力が長いので、急なお出かけや来客でも慌てずに安心してお迎えすることが出来ますよね。
これからの夏の季節は特にワキのニオイ対策として、クリームタイプのデオドラントを上手に使って出来るだけ防ぐようにしましょう。